忍者ブログ
 街道膝栗毛のブログ  奥州道中膝栗毛/羽州街道膝栗毛/八戸街道膝栗毛
  奥州道中膝栗毛/羽州街道膝栗毛/八戸(上り)街道膝栗毛の最新情報をUPしていきます。これら東北の街道探索を中心にパソコンなどつれずれに記していきます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


横にのばすということは・・・。

そう。画面に映る芸能人が皆デブに見えるのです。

正確には脇にいる人ですが、森三中はすごいと思っていました。
PR
200912162218000.jpg4:3の画像を16:9で表示するためにはどうしたら良いか?

1.そのまま縦に合わせると両脇に画像の映らない黒いゾーンが常に存在することになる。それでは何のためにワイドテレビを購入したか分からないし、ブラウン管では焼き付きも起きてしまう。

2.横に合わせてズームすると上下に画面が余ってしまい表示されない部分が出来てしまう。これでは字幕が隠れて見えなくなってしまう。

3.もうひとつは縦はそのまま、横方向には引き伸ばしてしまうというもの。それも全体に伸ばすのではなく中心はそのまま、画面の端を引き伸ばすのである。

これらはすべてモードボタンで選択できましたが、我が家では3.のモードで殆ど見ていました。慣れは恐ろしいものですがある時画面表示のおかしさに気づきます。


[写真]ご臨終の近い我が家のTV。肝臓が悪いのか古舘さん顔色が黄色いです。

ところで「ワイドテレビ」という言葉、皆様は覚えていますか?

もちろん16:9のハイビジョン用縦横比のテレビのことを指しますが、我が家のテレビはデジタルチューナーでもなく、ハイビジョンの表示も出来ない、ブラウン管のみが幅広くなったナンチャッテワイドテレビなのです。

購入当時はハイビジョン対応となるといきなり32型で50~60万円もし、とても手が届かないので画面のみワイドというテレビが発売されたのです。これを特に「ワイドテレビ」と呼んでいました。確か32型で13万円位だったと思いますが・・・。

画面もワイドで、新しい物を手に入れたという優越感を感じることが出来たものです。
ただ、今思い返してみるとこの優越感以外メリットは何も無かった事に気付きます。

何せアナログ放送ばかりの当時のこと、放送は4:3の表示ばかりだったのですから。

しばらくぶりの更新になります。


我が家のテレビはブラウン管式のワイドテレビを利用しています。
1996年頃に購入したので12~13年使用していることになりますが最近表示色合いがおかしくなってきました。

実は私、ニュースくらいしかテレビを見ないので余り気が付いていなかったのだが家族は料理がおいしく見えない等と色合いのおかしさを主張してきました。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[11/21 オーライヤ]
[11/21 オーライヤ]
[02/09 J]
[02/09 J]
プロフィール
HN:
奈良の大仏
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ[PR]