忍者ブログ
 街道膝栗毛のブログ  奥州道中膝栗毛/羽州街道膝栗毛/八戸街道膝栗毛
  奥州道中膝栗毛/羽州街道膝栗毛/八戸(上り)街道膝栗毛の最新情報をUPしていきます。これら東北の街道探索を中心にパソコンなどつれずれに記していきます。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

misawaheri.jpg今日のニュースで航空際の映像が流れていましたが、ブルーインパルスの演技飛行では曇っていた空もサンダーバーズの飛行時には晴れていたようです。

それにしても密集した編隊飛行はカッコいいですな。

他にもF15、F/A18、A10なども展示されていたようでつくずく見れなくて残念です。
PR
koukuukagakukann.jpgそれにしても、三沢航空科学館はなぜこれほどまでに立派な建物なのだろう。

まあ、実際の飛行機を収めるためのハンガーのようなものだから、大きくはなるだろうが、実機は殆ど外の展示だし、内部にある唯一の実機はYS-11のみであとはレプリカである。

写真はシルバーウイークに行って撮ったものだが、内部も科学体験の設備に子供たちが集まり、飛行機の展示はどちらかというと人もまばらだった印象がある。

もっとも航空「科学館」で「博物館」ではないので科学展示に力が入っていても不思議ではないのだが、飛行機マニアとしてはもっと珍しい機体の実機が見たい気もする。
f1.jpg天気は良かったようですが、三沢航空祭は無事に終了したのでしょうか?

大空広場前には数多くの航空機が展示されていますが本日の写真はT2高等練習機のブルーインパルスカラー。

近くには通常カラーのT2も置かれています。
f16.jpg三沢空港の東側に青森県立三沢航空科学館がある。立派な建物なのだが、建物の前には三沢市で整備した「大空広場」がある。

ここには各種戦闘機、航空機が屋外展示されている。遊具などもあり、無料ということもあり子供の時間つぶしには最適です。

県立の科学館は航空機も収めているだけあり、かなり巨大。入館料も大人500円、中学生以下無料でリーズナブル。

中身の基本は児童科学館で各種科学実験が体験できるコンセプトはある程度大きな都市には必ずある施設。

ただ、三沢に所在するだけに航空機がテーマとなっていて、建物の中で実機が数多く見られる施設は少ない。

ちなみに写真は三沢と切り離せないF16A(初期型)。退役した機体だけにA型だが、つや消しの機体は大きな模型のよう。コクピットの中身を見られないためか茶色の不透明なカバーがついており、特にそう感じさせる。
fantom2.jpg平成21年10月18日は三沢航空祭。米軍と自衛隊の機体を間近で見るまたとないチャンス。

今年はブルーインパルスとともに米軍のサンダーバーズもやってくると期待大。一方三沢からF16が撤退するのではとの噂もあり今後同じような規模で見ることが出来なくなるかも・・・。

本日の八戸航空祭は天気も良く最高だったと思う。明日は天気は雨がちのようだが(三沢航空祭は何故か雨が多い気が・・・。)是非見たい。しかし仕事で見ることが出来ない。

ということで、この鬱憤を青森県立航空科学館で見た機体をUPすることで晴らしたいと思います。

写真はいきなりファントムⅡ。おじさんにはたまらない機体です。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/14 backlink service]
[11/21 オーライヤ]
[11/21 オーライヤ]
[02/09 J]
[02/09 J]
プロフィール
HN:
奈良の大仏
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ[PR]